猫の健康を考えてフードを選ぼう~安全なキャットフードの選び方~

餌

キャットフードは種類が豊富!安全な製品を選ぶ基準とは?

キャットフードを購入する際は安全性などを考えて、使用されている原材料を確認しましょう。また、信頼できるメーカーを選ぶ為に、原材料や成分などの情報を集めて、比較する事もおすすめです。

ペットフード

4Dミート入りのキャットフードは避けよう!猫の安全を揺るがす危険食品

キャットフードの安全性を確かめるには、4Dミートなどが使われていないことを調べる必要があります。日本の国内規制は欧米に比べてまだ緩いのも事実。最終的にはメーカーポリシーを信じるしかありません。

ネコ

猫の体質に合わせて安全なキャットフードを選ぶ!

猫は犬とは違い、腎臓病や膀胱炎などの泌尿器系の病気に罹りやすいですし、毛づくろいをするので、毛玉を吐きやすいので、泌尿器サポートや毛玉を排出しやすいキャットフードがお勧めです。無添加で安全性の高い素材を使用したフードを選びましょう。

クチコミ

犬と猫

愛猫には高タンパク質低炭水化物の安全なキャットフードを与える

猫の体に負担が少なく安全なキャットフードは、高タンパク質低炭水化物のものです。実際に与えている人の口コミでは、猫の毛ツヤも良くなり、病気になりにくいと高評価です。

飼い主と猫

安心安全なキャットフードで腎臓病の発症も防ぐ

毒性の強い添加物なども含まれていない、安全なキャットフードを与え続けておけば、猫の腎臓の病気を予防する事もできます。猫が若いうちから安全なキャットフードを与えておく事が、猫を長生きさせるためには重要です。

餌

キャットフードの安全性で猫の寿命は変わる!

高齢の猫には年齢に合った安全なキャットフードを与えなければ、毛の艶が無くなってしまったり、便秘に苦しんだりする事になりかねません。シニア向けのキャットフードはミネラルバランスも良くて、内臓への負担も少ないです。

愛猫の安全を守るためにキャットフードにこだわろう

飼い主と猫

飼い猫に与えるキャットフードにこだわりを持っているという方はたくさんいます。愛猫の健康を考えるなら、あたり前のことなのでしょう。特に注意したいのは、キャットフードの安全性ですよね。危険性の高い食材が使われているキャットフードもあるので、飼い主がしっかりと選んであげなくてはいけません。どんなキャットフードが危険なのか、このキャットフードは安全なのかなど、フードを見分ける目を持ちましょう。安全なフードかどうかは、成分表を見ればある程度わかります。良くない成分が入っていないかどうか確認し、フード選びを行ってください。また、フードに入っている栄養成分にも着目してみましょう。猫は年齢によっても必要な栄養成分が変わってきます。人間と同じですね。タンパク質が高く、炭水化物の割合が低いフードを選ぶことで、太り過ぎや栄養過多を防ぐことができます。猫が安全に食べられるフードを選び、健康で長生きできる生活を提供してあげましょう。